« レシピ:蒸しキャベツの桜エビソースがけ | トップページ | 豪徳寺の招き猫 »

レビュー:海ちゃん―ある猫の物語

海ちゃん―ある猫の物語 (新潮文庫)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101198128/asahicom-opendoors-22/ref=nosim

Kai

流行に乗った「猫本」かと思いきや、初版はなんと昭和59年。文庫での復刻も1996年。
まさに、猫本の先駆けでありロングセラー本であります。

著者の岩合 光昭さんは、世界的に有名な動物写真家。
世界中を飛び回って野生動物を撮影する傍ら、日本の街角の犬猫をモデルにした作品も数多く撮影されています。

海ちゃんは、岩合さんちの猫ちゃん。
世界中を飛び回るお仕事柄、おばあちゃんちに預けられることになったので、そのおばあちゃんちでの、のんびりした海辺ライフの写真が多いです。

海ちゃんは、すこぶる美人猫ちゃん。

モテモテで、最後には何人もの子孫のいるビッグマザーとなるのだが、
子猫の頃の写真とか、もう、反則的に可愛い!

んで、はたと気づいたのだが、

この子の顔、どっかで絶対、観た事ある・・・っていうか日常的に見てる!

Image51100

なんと。私が去年買ったエコバッグの柄=海ちゃん、だったのでした(@@)


不思議なめぐり合わせってあるもんですね~。


|

« レシピ:蒸しキャベツの桜エビソースがけ | トップページ | 豪徳寺の招き猫 »

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レビュー:海ちゃん―ある猫の物語:

« レシピ:蒸しキャベツの桜エビソースがけ | トップページ | 豪徳寺の招き猫 »