« July 2008 | Main | September 2008 »

佳祐ドック

先日、涙の活動休止コンサートを終えた 名実ともに日本一のロックバンド、サザンオールスターズ。

湘南の街角に、サザンのヴォーカル&ソングライター、日本のポールマッカートニー(決して大袈裟とは思わない)、桑田佳祐が少年時代に足しげく通っていたパン屋さんがある。

お店の名前は「清月」。昭和の香りただようお店を経営するのは、桑田の第二の母とも言える優しそうなおばちゃん。
http://www.chigasaki-style.jp/brand/entry/078/index.html

そして、そこの看板メニュー、「佳祐ドック」。

17466555_233789804

野球少年だった桑田が「おばちゃんなんか食わせて~」てお店に入り浸ってたときに作ってあげた賄い飯、だそうな。

具材は至ってシンプル。けど、美味しい。中高時代を思い出す、なんとも懐かしい味。


簡単に揃う材料ばかりなので、メモ書き程度に・・・

魚肉ソーセージドック

・魚肉ソーセージ(大きめのやつ)
・レタス
・トマト
・マヨネーズ
・パセリ
・ホットドック用のパン

早速、作ってみようと思うけど、
果たして、おばちゃんが作るのと同じ味になるだろうか・・・?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

霧につつまれたハリネズミ


みくりんから教えてもらったロシアのアニメ。
霧につつまれたハリネズミ

Hedgehog02

10分ほどの短編なんですが、その中身の濃密さは、驚愕に値します。

ハリネズミくんが、お友達のクマくんの家に行くために霧深い森を抜ける途中、さまざまな生物がまるで異世界の生物のように違う貌を見せる・・・

それだけ、なのですが、まるで自分が森の中で迷っているような錯覚すら覚えます。
特に、霧と水の描写が素晴らしすぎる。

子供の頃読んだ、ちょっとダークで怖い絵本を思い出した。
黒い子猫が鶏小屋で夜を越す話だったんだけど・・・何て本だっけかなあ。

作者のユーリ・ノルシュテインは、宮崎駿や高畑勲、さらには手塚治虫までもが敬愛してやまないロシアアニメ界の巨人だそうです。
納得・・・・

どうしても大画面で観たくなって Amazonでポチっちゃいました(^o^)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

猫。

Nukoaaaaaaaaa3332

吉祥寺の「きゃりこ」に行って以来、また「猫飼いたい熱」が再燃しています。

いまでも飼おうとおもえば飼えるんだけど。
やっぱ、心のどこかに「運命的な出会い」を求めている自分がいるんだな。
ペットショップやキャッテリーに探しにいくのではなく「向こうから来てくれる」のを待ってるというか。

あるいは、昔飼ってた、大切にしてた子が、生まれ変わって帰ってくるのを待ってるのかもしれない。


将来の夢は、猫ばあちゃん。
リタイアしたら、捨て猫を片っ端から面倒見たいと思ってる。(高校の友達のお母様で、実際やってるひとがいるのだ)

けど、都内じゃまず不可能だし、田舎でも近所の理解がある場所でないと難しい。

と考えると、やっぱ実家の近く かなあ。
家からそう離れてないとこに土地付き一軒家買って。
親の世話と猫の面倒一緒に見るの。

なんか前向きだか後ろ向きだか分からないかんじだけど
これが、「ちょっと遠い将来の夢」かなcatface


| | Comments (2) | TrackBack (0)

ポニョ

ぽーにょぽにょぽにょ♪ のメロディが脳内ループしているひとも多いとおもいます。

ま、いろいろ言われてますが、毎回脳内ループ確実な曲を作りつづける久石譲はやっぱ凄いなと。さすがクインシージョーンズをもじった芸名名乗るだけのことはある。

で、ポニョはまだ未見です(^^;
夏休みのガキンチョ共がいなくなってから観にいこうと思ってます。

未見ながら、ネットからいろいろ情報は入ってくるわけですが、
ポニョの本名って「ブリュンヒルデ」なのだそうで。

これってやっぱ「ニーベルングの指輪」から来てるんだよね。
てことは最後は大カタルシスが来るのだろうか。(聞くとこによると 洪水、とか・・・)

うーん。
ただのユルいお子様向けアニメを想像していたら 脳天にガツンと喰らいそうなヨカン。

※写真は通販で買った ポニョのメモフォルダ。
昔なつかしいお土産っぽいチープさがナイス。

Image11131

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »