« ハロウィン | Main | 歴女向け缶コーヒー? »

新撰組史跡めぐり・日野ツアー

日曜は、友達と三人で念願の「新撰組史跡めぐり・日野ツアー」に行ってまいりました。

何年か周期でブームが再燃する新撰組。最近は、銀魂人気で、またしても盛り上がっておりますが、
今回のメンバーは、厨房の頃から司馬遼読んでたガチ歴女ばかりでございます。
(まあ、私は漫画も好きだけどhappy01

まずは、モノレールの沿線にある「土方歳三資料館」へ。
「日野市石田」って住所見ただけでテンション爆上げ。


1

資料館の庭にあった、土方が植えた竹。(いまだに同じ株を絶やさないようにしている)


2

試衛館道場で使われていた木刀のレプリカ。
でかい、重い!!
こんなもん振り回して稽古してたのね~。

ちなみにこの辺一帯の家は、土方さんがやたら多い。
石を投げれば土方さんに当たるって感じ。

表札見てて気がついたんだけど、
「土方」の「土」の字の右上に「、(てん)」がある家が多くて。

「何これ?何て読むの? 土方ダッシュ?びじかた?」
いわゆる旧漢字って奴なのかな。結局謎は解けず。
ご存知の方いたら教えてくださいhappy01

次の目的地は、土方さんのお墓がある 石田寺。

3

腐女子に荒らされてやしないか・・・とドキドキだったんですが
物凄く静かで、私らのほかには同年代くらいの女性二人組みがいた程度。
心配だった「絵馬」も BLモノの落書きとかなくて至極真っ当で、安心しました。


4

5

お墓の前にあった文章。
百姓の倅から武士になり、最後は奉行並にまでなった、って 物凄い立身出世なんだけど、
あの時代の「奉行並」なんて、紙切れ同然 ジンバブエドルくらいの価値しかなかった。
でも そのジンバブエドル並に暴落した幕府を 最後まで見捨てないで命をささげたんだよね。
泣ける。泣けてくるcrying
今、そんな34歳が この堕落しきった日本にいるか!?

ってすいません。堕落した38歳が言っても 説得力がないことこの上ないですねcoldsweats01

北の果てで銃弾を受けて死ぬ間際に浮かんだのは、懐かしい多摩の田園風景だったに違いない。
帰ってこれて、よかったね。と心から思いましたdiamond


さらに、モノレールで高幡不動まで。


6

お土産屋の階段に、隊士の詠んだ俳句が!!


7

銅像のまえで記念撮影。


8

屋台でジャンクフードゲット。
この日は、「菊祭り」をやっていたんで、境内がにぎやかでした。

最後は、タクシーで日野宿本陣へ。

9

10

11


土方も一時期暮らしていた、佐藤彦五郎邸が、ほぼ当時のままの姿で残っています。
まず空気の重さからして違う。150年に及ぶ この家の歴史がズッシリとのしかかってくる感じ。

でも、某小金井公園で見た旧家屋と違って、「いやな感じ(見えないお友達の気配)」はしなかったな。

それどころか、なんか無性に懐かしい感覚に襲われて、
「何だろこの感じ・・・」と思って 思い出した。

私が赤ん坊の頃住んでた、叔母さんの家に 間取りや作りが似てるんだ。

何か、またしても 何かに呼ばれたような
不思議な感じがしました。
(でもその叔母さんちというかウチの実家は 山口(長州)の出なんだけどね^^;)


駆け足ツアーでしたが、とっても楽しかったです。
次回は他の都内名所(板橋とか)も廻ってみたいな(^o^)

|

« ハロウィン | Main | 歴女向け缶コーヒー? »

その他」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45717/46689173

Listed below are links to weblogs that reference 新撰組史跡めぐり・日野ツアー:

« ハロウィン | Main | 歴女向け缶コーヒー? »