« ひさびさのリハ! | Main | ニャンコ先生 »

龍馬伝感想(新撰組)

今更だけど、前回の龍馬伝感想。

いやー、とにかく
原田たいぞーの近藤局長に すべて持ってかれた感がある。

やっぱどうしても お笑い芸人のイメージが強くて(篤姫は観てないので)
「顔つきは確かに似てるけど どーだろう?」って思ってたんだけど

あの、瞬きせずに無表情でスラリと刀を抜く演技で
「参りました!」ってなったです。

お笑い芸人は あるいみシビアな舞台に立たされてる演技者だから
役者として全然駄目ってケースはあんまし無いんだが

たいぞーには それ以上に何か 天性の才能を感じました。
あの短いシーンであれだけの凄み出せるなんて。。。

新撰組といえば、最近は数年前の大河や銀魂やピスメや薄桜鬼、古くは白虎隊や燃え剣など、
「イケメン剣客集団」「時代の波に翻弄された悲劇の武士たち」みたいなイメージが強いけど
(あ。銀魂に悲劇は無いかw)

龍馬伝の新撰組は「尊皇攘夷派から観た新撰組」で
まさに「壬生浪」、不気味な殺人者集団 という描かれ方をしていたのが 秀逸でした。
ってか、過去の新撰組モノのなかで いちばん怖かったわww


土方、沖田役の若イケメンは 顔がはっきり映ってなかったけど
次週は池田屋らしいから、見せ場あるかな?

|

« ひさびさのリハ! | Main | ニャンコ先生 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45717/48567262

Listed below are links to weblogs that reference 龍馬伝感想(新撰組):

« ひさびさのリハ! | Main | ニャンコ先生 »