« June 2010 | Main | August 2010 »

色々感想(龍・自惚・もやし)

最近珍しくTVを沢山見てるのだが、感想書く時間がなかったので まとめてザックリ感想。
色々ごちゃ混ぜだけど。

【龍馬伝】
初っ端にお佐那様が出てきてうれしかった!
龍馬を思って生涯独身だったとの説が定説だったけど、最近「じつは結婚していた」って資料が出てきたらしいね。まあ、それはそれで良し。ってか その方が救われるわ。

高杉(伊勢谷)のカッコ良さは異常。長州勢に銃をぶっ放すシーンとかゾクゾクきたheart02
前髪パッツンで変な着流しとか 史実にルックス忠実なのに、色気だだ漏れすぎる。
馬面の小男だった本人も、クウォーターで高身長のイケメンに演じてもらえて本望でしょうcatface

あと、私の大好きな余貴美子さんの お慶さんも良かったscissors
男として成長した筈の龍馬が まるで中学男子のようにあしらわれてるとこが最高!
お慶さんの飼ってるぬこも可愛かったおcat
お元(蒼井優)ちゃんは 隠れキリシタンだったのね。
資料がほとんど残ってないからいじりやすいキャラだけど 長崎だけにこの設定は秀逸かも。

そして、相変わらずお笑い担当の岩崎家。
三菱財閥二代目総帥の弥乃助くんが、ちゃんと勉強しているところに思わずニヤリ。
あと、可愛い春路ちゃんは 後の内閣総理大臣・加藤高明夫人なんだよね。そう思うととても感慨ぶかい。


【うぬぼれ刑事】
うぬぼれ(長瀬)と元カノ(中島)の「何この会話、バービーボーイズ?!」で盛大に吹いたww
樋口可南子さんは美人だけど長瀬のお母さんくらいの歳だろ、守備範囲広すぎ~!
ひたすら笑いながら見てたけど、樋口さんが逮捕されてからの ダンナに呼びかけるシーンでウルッときてしまった。
やっぱクドカン最高だ。


【もやしもん】
もうね
沢木がでかすぎとか、樹先生のキャラ違うとか どーでもよくて
ぶっちゃけ
菌 の た め だ け に 見 て る 。

オリゼーかわゆすよオリゼーheart04
やっぱオリゼーの声は冬馬さんだよな~ 声優変わらなくて嬉しいhappy01

女キャラや先輩二人のキャスティングは中々良いので
あとは蛍がどうなるかだな。
一話目見るかぎり、最初から「男の娘」として出るっぽいので かなり不安・・・(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うぬぼれ刑事

「仁」以来、ひさびさに民放のドラマを観てます。

「うぬぼれ刑事」
http://www.tbs.co.jp/unubore5/

クドカン&磯山Pの、私的黄金タッグ復活!で、長瀬の他に要や良々や西田敏行も出るとあって期待大だったのだが
期待を裏切らない面白さ!でした。

流れるようなテンポの良さと台詞回しの妙、主要人物は美男美女ばかりなのに
何故かみんな「残念なキャラ」なところなど、木更津キャッツアイを彷彿とさせて、
ひさびさの自分的大ヒットの予感♪

しかし、長瀬はほんとにいい役者になったな~
白線やIWGPの頃の「ナイフみたいに尖った美青年」時代も良かったけど
今みたいな二枚目半路線もすごくイイ。

そして、32歳という「若者とも言い難いけど かといってオッサンでもない微妙な年頃」
この年代の男性って 妙に好きなんだよね。
10代後半が、子供から青年への脱皮の時期だとすると、
30代前半は「青年から大人への、第二の脱皮の時期」な気がするなー。


ていうか

ドラマの話に戻るとだ

一話の冒頭に出てきた、柚木ティナ(現Rio)が 可愛いすぎたんだが!!

1540055106_134

ぶっちゃけ、加藤あいより 中島ミカより 全然可愛いんだが!!


こんな可愛い子が、あんなことやこんなことが○○○で××× だなんて

ほんと 恐ろしい世の中になったもんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コアラ

このブログの「検索フレーズランキング」が右下に表示されてるんだけど
上位5位までに必ず入ってるワードが「赤坂ふーちん」「コアラ」。

既に芸能界を実質引退状態の「コアラ」を検索するひとが こんなに多いってのも意外だが、
ここ数日 更に増えてる気がする。

原因は多分アレだな。元嫁。
方や国会議員先生、方や中華チェーン店の店長だしね。

嫁が全国区のニュースになってる時だもの。
「そういや元ダンは何してるんだろ」と思った人も多かろうて。

「始まりは皆 同じだった。
いつから違った。俺達の道は。」

そういえば
♪思えば遠くへ来たもんだ~♪
と、金八先生も歌ってましたな。
まさに、人生いろいろ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

るろ剣実写化

【大河のおかげ......佐藤健、超人気マンガの映画化で主演が決定!?】
http://www.cyzowoman.com/2010/07/post_2099.html

るろ剣実写化とな?!
うーん。どうなんだろう?
確かに佐藤健は以蔵役で株爆上げ中ではあるが
剣心のイメージとはちょっと違うかなー。

せっかくだから他のキャストについてもちょっと考えてみると

弥彦は多分ジャニーズの若い子とかになるかな。よく分からんけど。
左之は、ちょっと前だったら長瀬が良かったんだけど、若干歳食いすぎてるかな。
薫は貫地谷ちゃん一択で。(お佐那様そのまんま)

ここまでは割りとスラッと浮かんだ んだけど

斉藤一。

このキャスティングによって、観るかどうか決めるな。多分。

数々の新撰組関係二次創作見てるけど
斉藤といえばやっぱ「るろ剣」なんだよね。

ってか、るろ剣以降のどの作品見ても
「牙突?!牙突いつ出すの?!」って思っちゃうもんw

オダジョーでもいいんだけど、顔が優しすぎるんで
個人的希望としてはトヨエツかなcatface

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3年B組 海軍操練所


またしても「龍馬伝」ネタです。

前回の龍馬伝の、海軍操練所解散式が、桜中学卒業式にしか見えなかった
勝さんが金八にしか見えなかった
ていうか「送る言葉」が絶賛脳内ループ

って人は 私だけではないと思うんだが どーでしょう?w


「俺たちの船出はこれからだ!」的に仲間をフォローする龍馬。
そして「だって俺帰るとこないし(´・ω・`)」って拗ねる陸奥くん。
生意気そうなこの青年が、後の世に「カミソリ宰相」として名を残す 切れ者外務大臣となるんだなー  と思うと、感慨深いですな。

せごどんは、今までの作品のイメージとちょっと違うけど、
穏やかな笑顔の裏に、底知れぬ不気味さを湛えた佇まいは、今後の期待大です。

そんで、青春してる龍馬たちと対照的に、土佐はどんどん酷いことに。
ほんと、このままじゃ誰も救われない。
弥太郎の「龍馬帰ってこいー!」って叫びが どうやら来週届くようですが・・・どうなることやら。


さて、龍馬といえば
最近こんな漫画を読んでます。

「天翔の龍馬」
http://www.comicbunch.com/comic_info/tensho_no_ryoma/index.php

「龍馬がもし、暗殺を生き延びていたら・・・」という IF歴史モノなんですが
これがかなり面白い!

ちょっとネタバレしちゃうと、
暗殺を生き延びた龍馬は、薩長の暴走を止めるため、徳川慶喜と共同戦線を張ります!
で、慶喜公が、「龍馬の護衛役」を命じたのが
なんと、新撰組の土方歳三!

土方と共に、フランス公使ロッシュのとこに出資の交渉に行ったり
中村半次郎と斬った張ったの立ち回りを演じたり
まあ、凄いです、なんというか、ドリームチームです!

まだ三巻までしか出てないので、これからどうなるかは、(そもそも史実に沿ってないので)まったく分かりませんが
ひさびさに、楽しみな漫画が出てきました(´▽`)

そしてこの漫画でも、土方さんはやはりイケメンです。

私の知ってる限り、土方がイケメンでない漫画って 無いんだよな~
勿論ファンとしては嬉しいことだけど( ̄ー ̄)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2010 | Main | August 2010 »