« November 2010 | Main | January 2011 »

アベ追悼本

これは買わねばなるまい!帰りにツタヤにダッシュだ。

【アベフトシの軌跡たどる追悼本に盟友チバのメッセージ】
http://natalie.mu/music/news/40449

Abe


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガンジーでも助走つけて殴るレベル

ひさびさ腹筋にジワジワ来るスレ

【「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」的なフレーズを考えるスレ 】
http://hamusoku.com/archives/3818318.html

個人的HITは

・ヘレンケラーでも二度見するレベル

・テレ東でもすぐさま臨時ニュースを入れるレベル

・ポリンキーが三角形の秘密教えちゃうレベル

・aikoでも新曲でファックファック連呼するレベル

・ナポレオンが辞書に不可能を追加するレベル

・一休さんでも「屁理屈言うな」とキレるレベル

・生まれたての子鹿でも仁王立ちするレベル

・くまのプーさんでもフマキラー使うレベル

・ピーターパンでも老後の心配するレベル

| | Comments (0) | TrackBack (0)

龍馬伝 最終回

龍馬伝 ついに最終回! の感想。

基本、ドラマや映画ではほとんど泣かないんだけど
冒頭の、桂浜にかつての仲間が集う"夢"のシーンでウルッと来て、
暗殺直後の弥太郎の「大事な人を返して~!」(だったと思う) のシーンでボロ泣き。
やっぱ、龍馬のこと好きだったんだなあ。最後の最後に本音が出た弥太郎。

「幕府の威光が無くなったらただの人斬りじゃ」って言われてる新撰組、せつない。
龍馬伝では敵方として描かれてたけど、私は基本、組ヲタなんでw
近藤さんの胸中を思うと 気の毒で。
その後の運命を思うと尚更。

暗殺シーンは 過程までは史実に忠実だったね。
軍鶏とか「ほたえな!」とかも ちゃんと入れてたし。
あと芸が細かいなーと思ったのは、近江屋の事件現場にあった屏風まで忠実に再現してたとこ。
美術さんの「仕事人魂」を見ました。

最初は「イケメンすぎて似合わない」と思ってた 福山龍馬ですが
演じるにつれ 龍馬にしか見えなくなってきて
今となっては 普段の福山見ても龍馬にしか見えなくなってきましたw

近年稀にみる良質の大河。大成功、だと思います。

最終回に不満があるとしたら 明治になってからの描写が少なかったことかな~

そのへんは「坂の上の雲」を観てください ってことなのかもしんないが

大政奉還から 明治15年までの間の激動期も 触れてほしかったな。

できることなら、この時期から日露までの間の スピンオフを作ってほしい。

語り部は、弥太郎だけだと変化が無いので
ここは 維新後に大出世した 陸奥くんで。
(そういや「坂の上~」では 陸奥役は大杉漣なんだよな~)
ってか むしろ 日本人で初めてルイヴィトンの鞄を持った後藤様も入れて 三つ巴でw
ぜひとも お願いしたいところです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »