« July 2011 | Main | September 2011 »

一刀斉夢録

一刀斉夢録

http://bunshun.jp/pick-up/muroku/

浅田次郎の「新撰組三部作」完結編 一刀斉夢録。
本屋で目にして即買い。

「壬生義士伝」の主役は、歴史上は無名の隊士・吉村貫一郎。
「輪違屋糸里」の主役も、名前しか分かっていない芸者の糸里。
はて、三部の主役は誰ぞや?と思ったら

我がヒーロー、斉藤一様でございした!!

「新撰組」といえば、歴史に疎いひとでも知ってる大看板は、近藤沖田土方だけど
その次に名前が挙がるとすれば おそらく「るろ剣効果」で 斉藤一だと思う。
(かくいう私も「るろ剣」で斉藤ファンになったクチだけどw)

いつの時代も「滅法強い一匹狼」ってのは
無条件に人を惹きつけるものがあります。

「一刀斉夢録」の舞台は、大正元年。
陸軍将校の主人公が、ふとしたことから知り合った 年老いた斉藤一(藤田五郎)から 昔語りを聞くという形で 物語は進行する。

こういう リアルタイムではない「昔語り」の形式って 好きなんだよね~
幕末リアルタイムの 存在自体が刃物のような 触るものみな傷つける尖った斉藤さんもイイけど
老いて人間が大分丸くなった五郎爺さんも なんだか無性に可愛いのです( ^ω^ )

大正元年といえば 今からほぼ100年前。
なのに、この本を読んでると なんだかつい最近のような錯覚が起きる不思議。
この時代には、電車も車も映画もラジオもレコードもあったし、海の向こうには 開発中とはいえ飛行機もテレビもあった。
その わずか45年前は「侍」の時代だったんだなー と思うと 幕末からの生き残りの年寄りたちが「なんだか別の時代にタイムスリップして来てしまったようだ」と思う気持ちも よく分かるなー。

「壬生義士伝」の斉藤は、ひたすら性格悪かったけど
今回のは、ひねくれ一匹狼の気性のなかにも、優しさが垣間見れて(鉄之助の面倒見たりとか)
キャラづけとしては 「るろ剣」にかなり近くて ファンとしては嬉しいかぎり。

面白くてグイグイ一気読みできちゃうので
組ヲタには超オススメです(◎´∀`)ノ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シャンパン小人

ここ最近、スパークリングワインを愛飲するようになりました。

フレシネの「夏休みを取りましょう、今夜。」という広告に釣られてね。

ま、実際は 仕事は夏休みどころか 今が天下分け目の関が原状態なんだが(^^;
だからこそ 家ではつい飲んでしまう という。

で、スパークリングワイン空けるたびに 出てくるコルク栓に顔描いてたら

なんか 可愛い集団になってきたので 写真載せてみる。

1761048087_224

うん。
ナゴム(・▽・)

cavaの栓が いちばん描きやすいかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エイミー・ワインハウス(27歳伝説)

歌手エイミー・ワインハウスさん、27歳で死去 自宅で遺体が発見される 薬物とアルコール依存症の治療中

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110724-00000003-flix-movi

傑出した才能を持った天才ヴォーカリストの死

早すぎる 勿体ない とは思うが

生前の彼女を見ていれば 意外な感じはしない。
むしろ「ああ、やっぱりなあ・・・」と。


ロックミュージシャンの「27歳伝説」に 彼女も名を連ねてしまったね。

ブライアン・ジョーンズ、ジャニス、ジム・モリソン、ジミヘン、カート。
あと、ミュージシャンではないけど、JMB(バスキア)

「エキセントリックでナイーブな天才」で この年齢で持っていかれた人は多い。

そもそも
ロックの元祖と言われるRobert Johnsonも 27で亡くなっているので
「クロスロードで魂を悪魔に売り渡した人間」の 魂を 悪魔が取りに来るのが この歳なのかなー
なんてことを ふと考えてしまった。

R.I.P amy

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2011 | Main | September 2011 »