« April 2013 | Main | June 2013 »

机の下から

931321_517659531603058_153816529_n

「おねいちゃん、ママこっち見てるよ、遊んでくれるのかな(((o(*゚∀゚*)o))ワクワク」

「あの四角い板をこっち向けてるときは違うわよ、「ぱそこん」に載るんだから 可愛い顔しなさい( *゜ω´)」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

猫の開き

今日もポカポカ陽気だったからか、
ウチのぬこ様たち、すっかりだらけきってました。
りんりん・・・「猫の開き」一歩手前だ^^;

181495_515105655191779_511773158_n

309975_515105615191783_146477545_n

らんちゃんが来て三週間。

今のとこ、「仲良くもなく、悪くもなく」ってかんじで
ベッタリくっつくこともなく、適度な距離を取りながら まったりしてる。

たまに取っ組み合いが始まるので、心配になってぐぐったらば
知恵袋のベストアンサーに「本気で喧嘩したら血まみれになりますよ。
血が出ず大声で威嚇しあわないのは『プロレス』なんで大丈夫です」と書いてあった。

なるほど。
たしかに、実家のミちゃんは ウチで保護した時 血だらけになってたもんな~

ミちゃん、近所の野良と喧嘩したとき、顔面にでっかい三日月傷喰らったらしく。
けど、父いわく「正面から向かっていった証拠だ。後ろ傷じゃないなんて男らしいじゃないか」と。
女の子なんだけどなww

そして、もうすぐ、りんりんが来てから1年になる。

ウニャウニャ鳴きながら私にまとわりついてた「神聖かまってちゃん」
最近は 遊び相手が出来たからか すっかり落ち着いて まったりしている。
(ママの膝の上だけは絶対譲らない!は変わらないけどw)

預かり親やる前は、正直 不安でいっぱいだったんだけど、
どうにかなるもんだな~^^


蘭丸くん、「ちばわん」HPに掲載されました!
お問い合わせはこちらからお願いします^^↓
http://boshuu.chibawan.net/cat/chiba/index.html

| | Comments (2) | TrackBack (0)

中学男子

486679_513440492024962_1424032510_3

ウチのおかんに、蘭丸の話をしたら「そんな大きい猫、里親見つかるかしらねえ?」て言われた^^;
確かに、子猫の可愛さは抗いがたいものがあるけど、手がかからない大人猫のほうが、あたしみたいな一人暮らしの勤め人には向いてると思うの(・∀・)

うちのらんちゃん、爪とぎもトイレも完璧、手がかからない良い子ですよー
「食」に関しては 物凄く貪欲だけど・・・まあ「中学男子」だからね^^;


蘭丸くん、「ちばわん」HPに掲載されました!
お問い合わせはこちらからお願いします^^↓
http://boshuu.chibawan.net/cat/chiba/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蘭丸くんのスペック

ウチの預かりっ子、蘭丸くんのスペック。

__

オス。キジ白雑種。生後約8ヶ月。いちおう子猫だが、でかい。体重おそらく4キロ近い。
出身は横浜。たぶん捨て猫。
運動能力高し。1mの柵も楽々飛び越える(から困る・・・)
めっちゃ喰う。10代運動部男子並みの食事量。
鳴き声 おとなしい(おしゃべりんりんが比較対象だから、普通かも)

んで、さらに・・・

めっちゃんが来たときは、
「こんな人なつっこい猫はじめて見た!!」と思ったけど
上には上がいたというか
らんちゃん、ありえないくらいの人なつこさ&コミュ力の高さ。

めっちゃんは、どちらかというと 女の子らしい甘え方だったけど
蘭丸は
「スキスキ、大好き~~!!!」というのを 全身全霊で表現する仔。

膝に乗ってゴロンゴロン、全身スリスリ、顔をペロペロ
これ、誰に対してもそうみたい(うちの妹にも・・・)

りんりん姉ちゃんは、人見知りはしないけど、膝に乗るのは私だけなんで
蘭丸の、甘えん坊将軍ぶりを見て
(・・・なにこの子・・・)と 若干引き気味っぽい^^;

正直、一週間隅っこでシャーシャー も覚悟していたので
精神的には楽ではあるが、
疲れてるときでも、「甘えん坊将軍」と「神聖かまってちゃん」両方を平等に遊んで可愛がってやらないといかんので、肉体的?にはキツいw
仲良くなって二匹で勝手に遊んでくれるのが いちばんありがたいんだけどね~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ペットの防災セミナー に行ってきた

今日は、りょうこのママさんのお誘いで、土気で行われた「第1回 ペットの防災セミナー」に行ってきた。

東日本大震災のペット救済ボランティアに、微力ながら関わったものとして、
また、いつ関東で起こるか分からない大震災に備えても、
これは聞いておかねばなるまい、と思った次第。

講師は、東日本大震災で、実際にペットレスキューに当たったボランティア団体の代表の方。

興味深いお話満載だったのだが
ペット飼いのために 要点を まとめてみますね。

・スムーズに避難できるように、普段からゲージやキャリーバッグに慣らしておく

・はぐれてしまった、または置いてきてしまったときのために、迷子札、マイクロチップを装備する。
(まんいち首輪が外れてしまっても、マイクロチップがあれば行政で情報把握できます)

・やむをえず強制避難する際には、最低一週間ぶんのエサと水を置いていく。」
(これは東日本の原発地域のケースなので全てに当てはまるわけではないけど)

・車内に避難させる際には 熱中症に注意する。

・もし仮設住宅等にペットと一緒に避難することになった際は、周りのひとに十分に配慮する。

・一般的ではないペット(爬虫類、レア哺乳類(ハリネズミとか)など)は、行政でエサを準備できません。
避難する際に、十分なフードを携帯していく。

・カッターナイフとガムテを持っていると、なにかと便利。
(ペットボトルの空き瓶で水トレイ作ったりとか)

・迷子になってもボランティアさんが保護しやすいよう、できるだけ 人に慣らしておく。
人馴れしてる子は 保護出来る確率が圧倒的に高い。

まだまだ、興味深いお話はいっぱいあったのだけど

特に「避難先での周りのひとへの配慮」
これは あたしみたいな猫馬鹿は、つい配慮を欠いてしまいそうなんで、気をつけねばいけない点だ。

こちらのリンク先に、環境省が作成したパンフがあるので
ご興味ある方は 是非いちど 目をとおしてみてください。
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2309a.html

んで、私も 
来週にでも りんりんにマイクロチップを施してきます。
(蘭丸はチップ施術済み)

東日本大震災での たくさんのワンニャンの犠牲を無駄にしないためにも
教訓として、いま生きてる子たちの安全に繋げないと ですね。

2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のりんらん

今日はこんな感じでした(・∀・)

923152_510820322286979_1893166251_n


| | Comments (2) | TrackBack (0)

初めてのフリータイム

蘭丸が来て六日目。
ゲージ越しにはだいぶ馴染んできたので、昨日は、ペットシッターゆうこりんを呼んで、初めて、ゲージから解放して りんりんとのフリータイムを決行してみました。

1
2


最初は、お尻フンフン→シャー!(主にりんりんが)
その後、壮絶な追いかけっこがはじまったわけだが

時間が経つにつれ、りんりんの、プーっと膨らんだ尻尾(←威嚇のため)が
収まってきて、
今日は、かくれんぼ、追いかけっこ、距離を置いてまったり、のループ、で、たまに教育的指導パンチが入るかんじ、でした。

蘭丸のほうが積極的で、りんりんは、やや引いてて、
「おねいちゃん 遊んであそんでよぅ~ キャッキャウフフ♪」
「あーもう この子ウザい!」
こんなかんじ。
図体でかくても まだ8ヶ月の子猫だから。
さすがのワガママ姫も、邪険にはできず、ちょっと持て余し気味な感じか。

んでも、蘭丸があまりにヤンチャなんで(皿をひっくり返す、パソコンのキーボード落とすetc」
ゲージに戻したらば、りんりんが心配そうにゲージ覗き込んで
「・・・出してあげないの?(・ω・)」て顔してたり、もしました。

というわけで
今んとこ、いい感じで、徐々に馴染んできております^^

あと、いっこ悩みどころなのは、
蘭丸、むっちゃ意地汚いんです。
たっぷりエサをやってるのに、りんりんのご飯に手を出そうとする。

りんりんは、食が細い子なんで、うっかりするとエサ全部食べられちゃうから
やっぱ、就寝時と不在の間は、当分は部屋を分けることにしよう。

「うれしいにゃ、嬉しいにゃ♪
広いおうちと、ママと おねいちゃんが出来て 嬉しいにゃ♪」

こんなふうに思ってくれてたら いいな^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のりんらん

今日は、蘭丸が来て はじめてのお留守番・・・
だったんだが、まだゲージから出していないんで、事故の危険は無い分、りんりんの時よりは、気が楽だった。

けど、それでもやっぱり気になるんで、仕事をダッシュで切り上げてきたらば

りんりんは いつもどおり「ママおかえり~!さあ、早く遊んで、遊ぶのだ~~!!(`ω´)」

らんちゃんは ゲージのなかでちんまりしてて「・・・おなかすいたお(・ω・)」(※食べ盛りの子猫だから、めっちゃ喰うww)

1


と、まあこんなかんじでした。

基本、りんりんは 奥の二部屋、らんちゃんは、リビングのゲージの中 と、扉で隔てて
留守のあいだは完全隔離。

んでも、らんちゃんが ご飯モリモリ食べてる間
りんりんが 気になって寄ってきたので
ゲージの布をあけて、ちょっとだけご対面しましたが

その前に、
のぞたんから教わった必殺技!
おでこに お互いのおしっこをつける を やってみました。

昨日のうちに、おしっこは、脱脂綿に含ませてパッキンに保存してあったので
手につけて、お互いのおでこに ぬりぬり。

したらば、
昨日までは「シャー!!」「・・・・」だったのが

「うにゃ?にゃんにゃん?」「にゃーご・・・・」と
1分ほどですが いちおう 会話らしきものを してました
(まあ、最後は「シャー」で終わったわけだが^^;)

これって、一歩前進・・・かも?!
ありがとう のぞたん(^o^)

しかし、あれだな
オシッコを 袋に保存して 手に塗りたくるとか
なんか 「何してんだあたしww」とか 一瞬素に返って 笑ってしまった。

愛のためなら排泄物も何のその!
(って、世のお母さんたちからすれば当たり前のことかもだが)

そんなかんじで
1センチくらい?は 距離が縮まったっぽい 二匹ですが

りんりんには
「あの子は、もう少し遅かったら 死んでた子なんだよ。
お前もそうだったでしょ。
だから、いじめないでな。」

と、しつこいくらいに言い聞かせてます。

(りんりんは、ご近所クレームに耐えかねたおばあちゃんが「安楽死しかない」と思いつめてたのを、ボランティアさんが助け舟出したのだ)

「はーい、ママ。」

2


・・・って、テヘペロかよww


分かってる・・・かどうかは謎ですが
ぬこ様は 人間の三歳児くらいの知能があるそうなので
言葉は通じなくても、ニュアンスは伝わってると いいなあ・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main | June 2013 »