« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

TNR記

ここ2,3週間のワタクシ。
仕事以外の時間は、ライブも行かず遊びにも行かず、主に「TNR(地域の野良猫の不妊去勢手術)」に費やしておりました。

※TNRとは何ぞや?という方はこちら→https://www.doubutukikin.or.jp/trn/story

近所のとあるお店で面倒を見ている半ノラ猫さん二匹、店主のオジサンに聞いたら、未去勢の♀だということで、これは早く手術しないと大変なことになる!と思い、オジサンの許可をもらい、八千代市のボランティアさんに協力をお願いし、2匹を捕獲。

・・・したら、あ、あれ??

両方とも♂じゃん?!おーい^^; まあでも、♂でも手術したほうが良いことに変わりはないので、2匹の手術は八千代のボランティアさんにお任せする。

で、私のほうは、その日に偶然みかけた黒白チビ♀、こちらは確実に♀と思われるので、今度は都賀のボランティアさんに捕獲器を借りて、単身張り込み。金曜夜に黒白チビ♀捕獲。次の日朝いちで、都賀の動物病院に連れていき、無事に手術完了。

13043274_1018263738209299_642379344

大変だったのはここから。♀猫は、できれば何日か休ませてからリリースしてあげた方がいいとのことなので、ウチの二階のケージに入れたらば、なんと自分でケージの鍵開けて部屋の中をウロウロしていた!!( ゚д゚)

で、焦って捕まえようとしたら、必死の抵抗に会い、手をしこたま引っかかれ、鼻の頭をガブリとやられた!!(つД`)

一瞬、救急車を呼ぼうかというくらいの大出血だったのだが、血が止まったら、思ったほどの深手ではなかったので、タオルで止血しつつ、どうにかケージに戻す。

いやー。ウチの二匹や、いままで預かった猫たちの、噛みつきや引っ搔きが、単なる「遊び」だということが、よーーーく分かった。猫の本気の攻撃、マジ半端ない。

でも・・・殺されるかもしれない、と思えば必死になるよね。当たり前だよね。窮鼠猫を噛む、ではなく、窮猫人間を噛む、だったんだよね。

怖い思いさせて本当にごめんね(T ^ T)

その際の格闘で、お腹の傷開いちゃったのではないかとドキドキしていたんだが、

三日間の滞在中、ご飯をモリモリ、ウ●チもモリモリ、今朝リリースしたときも軽やかな足取りでターっと去っていたので、ほっとしました。

私はこの有様ですけどね(泣)

13055421_1018263844875955_3861932_2

TNR(野良猫手術)に関しては賛否両論あるので、投稿しようか迷ったのですが、

多分この鼻の傷残るし、毎度説明するのもあれなんで、あえて書きました。

みなさん、そんなわけですので、私の顔見てもびっくりしないでね~^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »