« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

GUNS来日公演レポ

16265473_1244749512227386_701876741

行ってきましたよー、ガンズ埼玉アリーナ!
https://www.creativeman.co.jp/artist/2017/01guns/

もう、お腹いっぱい、幸せいっぱいなのですが
寝落ちする前に メモ書き程度だがレポ書いとく。

一言でいうと、素晴らしかったです
高いチケット代払っただけの価値は十二分にありました。

なにより感激したのは、アクセルの声が、まったく衰えていない!!
むしろ昔よりも深みのある いい声になってる。

SLASHとダフは言うに及ばず。ていうかダフがカッコよすぎて鼻血でそうだったわ!
酒とドラッグでブクブクに太った状態から、アスリートなみのハードなワークアウトで今の体型になったそうな。素晴らしい。
ダフのソロコーナーは、ダムドの「NEW ROSE」!たまらんのぅ。
あと、レミーのTシャツ着てたとこも地味にグっときた。
(写真左のスクリーンね。よく見るとプリンスのロゴ貼ってるとこもまた、ぐっとくる・・・)

SLASHは今回いろんなギター弾いてたねぇ。モッキンバード弾いてるのは初めて観たかも。
まあ、彼は「ネ申」なんで。アクセルの隣で弾いてる!その姿を観れただけで、もう 生きててよかった~!なんですよ。

アクセル一人ガンズ時代からのパートナーの、ギターとドラマーも素晴らしかったし
ほぼオリジナルメンバーと言える、ディジー・リードが来てくれたのも嬉しかった
もう一人の鍵盤の、初音ミクみたいな姉ちゃんも気になったけど(^m^)

SLASHとダフは、ベルベッドリボルバーで、何度かライブ観てるけど、アクセル観るのは ほんと久々で。
いちばんビックリしたのは、「丸くなったなぁ~~!!」ってとこ。
いや体型ではなくね。

まず、ほぼほぼ時間どおりに始まったことにビックリだし
どの曲か忘れたけど、客席に向かってお辞儀したり、
終盤に、ヘンな帽子かぶって出てきて、それ見た観客が爆笑してたら
「てへっ♪」みたいな可愛い照れ笑いしてて。
昔だったら、笑われた瞬間に、マイクぶん投げてステージから引っ込んでただろうな、と思うと、年月を経て、彼も変わったんだな、と。非常に感慨深い・・・

ガンズ全盛期、私は10代後半~20歳くらい。
まさに、青春そのもので、一曲聴くごとに、思い出がフラッシュバックして。

観れてよかった。いつか再結成してくれる、と信じていてよかった。

今日は良い夢見れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「この世界の片隅に」

15977882_1228991980469806_6838248_2


この世界の片隅に
観てきた。

感想。

凄いものを観てしまった。
自分の映画史のなかで、間違いなくトップクラスの傑作。
少なくとも邦画ではぶっちぎりナンバーワン。

涙が出そうになったけど、決して悲しい涙ではなく むしろ暖かく、
自分は存在していなかった筈の時代の、のどかな漁村の光景が無性にに懐かしく。

まるで自分のことのようなリアルな懐かしさを覚え、
もしかして、これは遺伝子レベルで何か刷り込まれているのではないかと思ったのだが

そういえば、主人公の「すず」さんの話し言葉が、ウチの亡くなった祖母にソックリで。
父方の田舎は、広島から近い山口県の漁村が故郷なので、たぶん言葉も環境も、似ている。

遺伝子記憶、については、まだ研究の段階だけど、これは有り得るんじゃないかと思えてきた。
(参考:https://www.sotokoto.net/jp/essay/?id=98

ちなみに、祖母は「原爆投下の日にキノコ雲が観えた」と言っていたことがある。

広島が舞台の戦争モノ、というだけで引いてしまう人もいるかもだけど
原爆投下時に主人公が暮らしているのは「呉」なので、原爆の悲惨な描写はほとんど無し。
お子様でも安心して観られると思われ。(←はだしのゲン、が未だにトラウマ)

詳細な感想については、私のつたない文で伝えられる自信がないので敢えて書きません。
まあとにかく、映画館で観てください。

そして「のん」ちゃんの復帰を、応援しましょう^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »