一刀斉夢録

一刀斉夢録

http://bunshun.jp/pick-up/muroku/

浅田次郎の「新撰組三部作」完結編 一刀斉夢録。
本屋で目にして即買い。

「壬生義士伝」の主役は、歴史上は無名の隊士・吉村貫一郎。
「輪違屋糸里」の主役も、名前しか分かっていない芸者の糸里。
はて、三部の主役は誰ぞや?と思ったら

我がヒーロー、斉藤一様でございした!!

「新撰組」といえば、歴史に疎いひとでも知ってる大看板は、近藤沖田土方だけど
その次に名前が挙がるとすれば おそらく「るろ剣効果」で 斉藤一だと思う。
(かくいう私も「るろ剣」で斉藤ファンになったクチだけどw)

いつの時代も「滅法強い一匹狼」ってのは
無条件に人を惹きつけるものがあります。

「一刀斉夢録」の舞台は、大正元年。
陸軍将校の主人公が、ふとしたことから知り合った 年老いた斉藤一(藤田五郎)から 昔語りを聞くという形で 物語は進行する。

こういう リアルタイムではない「昔語り」の形式って 好きなんだよね~
幕末リアルタイムの 存在自体が刃物のような 触るものみな傷つける尖った斉藤さんもイイけど
老いて人間が大分丸くなった五郎爺さんも なんだか無性に可愛いのです( ^ω^ )

大正元年といえば 今からほぼ100年前。
なのに、この本を読んでると なんだかつい最近のような錯覚が起きる不思議。
この時代には、電車も車も映画もラジオもレコードもあったし、海の向こうには 開発中とはいえ飛行機もテレビもあった。
その わずか45年前は「侍」の時代だったんだなー と思うと 幕末からの生き残りの年寄りたちが「なんだか別の時代にタイムスリップして来てしまったようだ」と思う気持ちも よく分かるなー。

「壬生義士伝」の斉藤は、ひたすら性格悪かったけど
今回のは、ひねくれ一匹狼の気性のなかにも、優しさが垣間見れて(鉄之助の面倒見たりとか)
キャラづけとしては 「るろ剣」にかなり近くて ファンとしては嬉しいかぎり。

面白くてグイグイ一気読みできちゃうので
組ヲタには超オススメです(◎´∀`)ノ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

君に届け

Images

いま話題の少女マンガ 「君に届け」
読んでみました。

昔から 所謂「別マ」系の ベッタベタな少女マンガは苦手で
愛読誌は専ら 癖のある漫画ばっかの「花ゆめ」だったんですが

やばい。ハマった。
キュンキュン来る。40間近にして ロマンティックが止まらない状態ww

貞子かわいいよ貞子
怖カワイイ?って いままでにないジャンルのキャラだ。

ちづ&矢野ちんもイイ。
スポーツ万能・男前女のちづと、大学生と付き合ってて大人の世界を知ってる矢野ちん。
いたわー。こういう子たち いたわ~。

あと
主人公のライバルポジの 腹黒美少女 くるみも気になる。
お人形系の清楚な美少女ながら、自分の利益のためなら手段を選ばない。

いたわーww こういう子も いたわ~~www

男子は、

まあ、読んでる人は察しがつくと思うけど

風早より断然 龍くん派ですheart02

野球部の硬派で無口な少年。ツボすぎる。

あ、
そういう子がタイプだったんですよ。昔はね。
懐かしや。

多部ちゃん主演で映画化されるようだけど
原作も面白いので おすすめですお(゚▽゚*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

心霊探偵八雲

本屋の「イチオシミステリー」コーナーでたまたま見っけて、何とはなしに買って読んでみたら かなり面白かった。

[心霊探偵八雲]
http://www.team-yakumo.jp/

Yakumo2b

主人公は、タイトルのとおりの霊感人間。見た目は細身で涼しげな美青年だけど、片目が真っ赤で、その眼の力でこの世ならぬものが見える・・・という いかにも腐女子受けしそうな設定。
けど、ソッチ寄りになりすぎず、「推理モノ」「刑事モノ」としてのクオリティに重きを置いているのが好感度大&プロット組みの上手さも秀逸。


いっこ気になるのは、樹なつみの漫画「八雲立つ」との類似点が多いこと。
主人公・八雲のルックスや性格は(赤い眼以外は)ソックリだし、晴香のポジションは「八雲立つ」の七地と男女の差こそあれ同じ。
他にも、「絶対悪の父親」「その父親側についてしまう姉」など類似点は多いのだが 果たしてどの程度意図的なんだろうか? というのがちょっと引っかかる部分ではあるなあ。

似てるといえば、八雲&晴香の関係は「ガリレオ」の湯川&薫の関係にも似ているけどね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)